Top > 中学受験のための「塾」と「家庭教師」

中学受験のための「塾」と「家庭教師」

中学受験を成功するためには、現在の小学校の授業内容では、どうしても不足すると言っても過言ではないでしょう。
そのために塾に通うお子さんが多いですが、学力不足を補うための手段として「家庭教師」もあります。
果たして、「塾」と「家庭教師」とどちらが有効なのでしょうか。
今メディアでも、大々的に宣伝されている塾や家庭教師のシステムが話題になることがあります。
基本的に「塾」は学校と同じ集団学習に対して、「家庭教師」はマンツーマンの個人学習だと言えます。
もちろんマンツーマンの方が、お子さんに合った学習方法を得られるでしょう。
しかし家庭教師は、俗に言う当たり外れが結構な確率で起こるものです。
勉強部屋という閉ざされた場所で、1対1で行われるのですから、合う合わないという感覚は生じるでしょう。相性は、潤滑油な勉強に、大いに影響します。
そういった観点からすると、家庭教師は難しいものがあるかもしれません。教える側にもかなりのスキルが必要でしょう。


こちら(⇒受験前日の過ごし方INFO50※直前まで気を抜かず勉強しよう)のサイトでさらに詳しくみる。
そう考えるとやはり塾の方が無難なように思えます。

関連エントリー